セラミドパワーの秘密

お肌の強い味方、セラミドのパワーの秘密を紹介します。

肌バリアとは

皮膚の構造は、表面から表皮、真皮、皮下組織の3層の構造をしており、皮膚全体の厚さは成人で約2mmと言われています。さらに、表皮は僅か0.2mm程度の極めて薄い組織ですが、複数の層に分かれており、一番下の基底層で生まれた皮膚細胞が外に向かって成長し、一番古い皮膚細胞が表皮の一番外側に角質層を形成しています。
この角質層の皮膚細胞は細胞としての機能は失い、細胞の主成分であるケラチン繊維のみとなった細胞が層状重なった組織を作っています。この角質層の細胞間をつなぐために脂質の一種である「セラミド」が接着剤の役割を果たしています。さらに角質層の表面には、皮脂が薄い膜を作って、バクテリアなどの細菌の増殖を抑えるとともに、水分の放出を抑制する保湿効果もあり、角質層に20〜30%の水分を蓄えています。この角質層の機能が「皮膚バリア」と呼ばれるもので、皮膚を守る大切な役割をはたしているのです。
この角質層は一番外側の層から徐々に剥がれ落ちて新たな角質層を作っています。この角質層が剥がれ落ちるタイミングで、基底層では新たな細胞が生まれるという再生を繰り返しています。これを皮膚のターンオーバーと呼び、ターンオーバーが活発に行われることで健全な皮膚が保たれていることになります。

<セラミドとは?>を読む

スタッフ推薦のページ

セラミドとは?
【セラミドパワーの秘密】

もっと読む

e-セラミド化粧品【ランキングと口コミ】敏感肌の方に是非おすすめのセラミド化粧品情報サイト。